〇〇さま

ども、こんにちは、木坂です。

もう、一体いつ前回メルマガを出したか、を
考えることすら放棄したいくらい間が開きましたが、
いかがお過ごしでしょうか。

僕の方は、姉さん事件です、的なこともなく、
いたって平和に殺伐とした日々をすごしております。

平和な日々を殺伐とすごしているのかな?

まあどっちでもいいか。

とりあえずはじめに連絡ですが、年末か年始に一般の方も
参加できるセミナーをやります。

本当は12月31日にやりたかったのですが、
会場の関係とか、その他の関係とかで難しいかもなので、
年始の可能性もなくはないです。

その辺はまた決まったら連絡しますが、何より
この手の単発セミナーはとても久しぶりです。

テーマも、今までとはがらっと雰囲気が変わりまして、

「スピリチュアル」

について話そうかと思っています。

巷に溢れるスピリチュアルとか自己啓発とかが虫とお化けの
次くらいに大嫌いな木坂が語る、スピリチュアルです。

とは言え、別に、悪口大会ではありません(笑)。

実際にスピリチュアルを語るには1年くらいの講座を
最低でも開かせてほしいところではありますが、可能な限り、
「本当の」スピリチュアルとは何か、をお見せします。

せめて、しょーもないスピリチュアルもどきに騙される人が
少なくなれば、と思いつつ。

ではでは、それはさておき、今日のお勉強に参りましょう。

事実上のコンテンツは1番だけです。

2番は、興味がある場合に限り、お読みください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

1.ブルーオーシャンに棲むリヴァイアサン。

2.アルケミーについて。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.ブルーオーシャンに棲むリヴァイアサン。

先日、焼肉の席で、ある嘆きを聞きました。

「どうも勘違いしてる経営者が多すぎる」

ブルーオーシャンという概念について、どうやら
勘違いしている人が多いらしく、その人は嘆いて
いたわけです。

その人、とは僕の担当の税理士なのですが、
彼は立場上非常に多くの経営者に会うため、
そのような感想というか、懸念というか、危惧というか、
そのような感情を持ったらしいんですね。

実際、ブルーオーシャン戦略という言葉は、
おそらくマーケティングをかじったことがある人なら
ほとんど全員が知っている言葉だと思います。

が、実際に『ブルーオーシャン戦略』を読んだ、
という人は、相当少ないのではないか。

特に丁寧に読んだ人や原本を読んだ人は皆無に
等しいんじゃないかと思います。

まあ、正直大して読む価値のない本ではあるのですが、
聞きかじったような知識で間違ったことを信じているのは
何も知らないよりもっと恐ろしいことです。

今回、いまさら感は強くあるのですが、この
ブルーオーシャン戦略について、簡易セミナーを
開いてみました。

ひとりぽっちで(笑)。

音声を録ってきたので、興味があれば聞いてください。

http://www.thealchemyofintelligenceorder.com/letter/blue_O.mp3

なんと特別サービスで、レジュメも作りました。

http://www.thealchemyofintelligenceorder.com/letter/Blue.pdf

必要なら、印刷して、ノート代わりにお使いください。

タダでセミナーが受けられる。

ああ素晴らしき新世界。

もし、万が一ですが、

「ブルーオーシャンを見つけて、競合のいない市場でビジネスを」

みたいなことを思っているとしたら、それは根本から
間違っています。

「間違っている」というのは、本書に沿っていない、という
意味です。

言い換えれば、本書で一言も言われていないことを
アホみたいに信じている、ということです。

今回の音声では、その辺の解説をメインにしています。

メインに、というか、それ以外に解説する価値のある
箇所がない本なので、まあ致し方ないのですが。

とかく楽しいことがない世の中、ホンの数十分でも
楽しんでいただければ、これ幸いでございます。

蛇足として、「外資系ファンドの手口」とか
「頭がよくなる読書、バカになる読書」などの話も
しています。

そちらもあわせて楽しんでいただければ。

2.アルケミーについて。

先日より、The Alchemy of Intelligence.という
サービスを開始しています。

「高校生のお小遣いでも参加できちゃうぜ」というところが
個人的には、というか木坂史上非常に珍しいことだった
この企画。

これに関して2つばかし、連絡があります。

一つ目。

最近結構問い合わせがくるのですが、アルケミーの
申し込みはまだ可能です。

https://55auto.biz/alchemy/touroku/m_pre.htm

ちなみに、今申し込んでもらうと、もれなく第一号から
参加することが可能ですので、まあ無駄なく一番効率よく
知識を得ることができるかなという気はします。

また、第一号から第四号までの細かいコンテンツを
書いてみましたので、気になる場合は参照してくださいませ。

最近こーゆーいわゆる「レターっぽいレター」みたいなのって
不必要な気がして書いてなかったのですが、さすがに僕の
セミナーにずっときてくれている人以外には、不親切すぎたかなと
思い至りました(遅い)。

僕はよくセミナー会場で

「木坂さん、今日は何のセミナーなんですか?」

って聞かれます。

つまり、何のセミナーかわからないままとりあえず
申し込んでいる人が結構いるということです。

そして、いつしかそれが普通なのだと思ってしまった(笑)。

だからレターとか商品説明とか、最低限でいいだろう、
わかる人はこれで十分わかるだろう、わかんなきゃ来なくて
いいんだし、という感覚になってしまったわけです。

もちろんこれが間違いだとも思わないし直す気もないのですが、
でもこのアルケミーはそのような人たちのみに向けて企画された
ものではないし、今まで僕のセミナーにきたくてもこれなかった
人たちに特に参加してほしいものです。

なので、現段階で書けるところはできるだけ詳細に書いてあります。

http://www.thealchemyofintelligenceorder.com/letter/first_4th.pdf

「最高、ではダメだ。最高の一歩先へ行かなくては」

と昔ある人に言われたことがありますが、なかなか
難しいもんです。

まあ、アルケミーやセミナーなどで一応僕なりに
それに応えようとはしているわけですけど。

ま、楽しいからいいか、みたいな気持ちもあり。

同じように楽しんでくれる人募集中です(笑)。

あ、ちなみに以前お送りしたアルケミー全体像の案内は

http://www.thealchemyofintelligenceorder.com/letter/TAI.pdf

です。

金額等申し込み条件ははここに書いてあることを参照してください

そしてもうひとつ。

既に申し込んでくれている方で、メールが
届かない方が少なからずいるみたいです。

申し込んでいるのに何の連絡も来ない、という場合、
お問い合わせください。

確認のうえ、折り返します。

また、入金済みの方も同様です。

2ヶ月とか音信が不通になる場合はメールが
届いていない可能性が高いので、その場合は遠慮なく
お問い合わせくださいませ。

ではでは、今回はこの辺で。

やっぱり文字が少ないとなんか寂しいなー。

自分だけ?

質問や感想などがあればこのメルマガに返信してくださいませ。

ありがとうございました!

木坂